プロペシア錠(フィナステリド)について

プロペシア錠(フィナステリド)について

 

プロペシアは、男性型脱毛症の患者に対して処方される医療用医薬品です。

 

医療用医薬品とは、医師の診察を受けたあと処方箋によってようやく購入できるもの、つまりドラッグストアなどでパッと買えるものではないということです。

 

2005年に万有製薬(現在はMSD)から販売され、「男性における男性型脱毛症の進行遅延薬」として登場しました。

 

このプロペシアに添付されてくる効果効能欄には、あくまで「進行遅延薬」としか書かれていません。

 

つまり、発毛や育毛という言葉が書かれていないのです。

 

ということで、少なくともプロペシアという医薬品には「積極的な発毛や育毛」という視点はないのだという点をまずは確認しておいてください。

 

プロペシアとフィナステリド

フィナステリドは薬品(成分)の名前です。
プロペシアは製品名。
つまり、フィナステリドを製品化したものがプロペシアということです。

 

そういう意味で、プロペシア錠とフィナステリドは同じものとご理解ください。

 

フィナステリドは、最初は前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

 

当時は「プロスカー」という商品名で販売されていたのですが、その際に副作用として発毛効果が確認されたわけです。

 

その後、ミノキシジルと同じくらい有用な男性型脱毛症(AGA)用の医薬品として活躍することになっていきます。

 

フィナステリドの作用メカニズムは非常にシンプル。

 

いわゆる5α還元酵素U型を狙い撃ちしてその活動を抑えることにより、男性ホルモン(テストステロン)からジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)に変化することを防止、その結果として抜け毛を徹底的に食い止める、といったものです。

 

 

ここで、プロペシア錠(フィナステリド)の基本ポイントについて挙げておきます。

・発毛効果よりも脱毛防止効果の方が非常に強い(むしろ脱毛防止専用と考えた方が良い)。

 

・プロペシアを使ったAGA治療薬は保険適用外のため、原則全額自己負担。

 

・男性が発症する男性型脱毛症のみが対象。つまり、まず女性は適用外。そして20歳未満(未成年)にも処方はできません(安全性や有効性が確立されていないため)。

 

・肝機能に障害がある人の場合、安全性が保証されていないことから推奨できない。

 

 

男性(成人男性のことです)が使用する場合、通常は一日に1mgを上限として1錠服用します。

 

医師によっては0.2mg程度で処方する場合もありますが、だいたいは1mgで効果を確認していく場合が多いようです。

 

プロペシア錠を服用している人の中には、3ヵ月の連日服用だけで明らかな効果が現れることもあるようですが、医療機関では効果が確認できるまでに最低6ヵ月の連日服用が必要と考えられています。

 

ここで大事なことを2点。

 

1つ目は、くれぐれも一日の上限は1mgを超えないこと。

 

少しでも早く効果を出したい!と考えて、たとえば倍の2mgを服用したりすることはハッキリ言って「摂取のし過ぎ」です。
そんな服用の仕方をしたら副作用のリスクが跳ね上がるのは間違いありません。
一般的にはAGA治療としてプロペシアは1mgで十分です(服用を増加させてもフィナステリドの薬理効果の速度は早まりません)。

 

2つ目は、効果を持続させるためには継続的に服用することが重要ということ。

 

「継続すること」が大事であって、繰り返しになりますが増量による効果の増強は確認されていないことから上限量をオーバーした服用は絶対に厳禁です。

 

 

ちなみに、6ヵ月以上服用しても脱毛症状の遅延がみられない(つまり改善がみられない)場合は、投薬を中止することになっています。
また、当然医療機関で処方されるお薬ですから、6ヵ月の期間中も定期的に診察で効果は測定されますし、異常が認められるなど状況によっては医師により投薬の中止を宣言されるかもしれません。

 

 

ということで。
改めて言いますが、フィナステリドは紛れもなく「薬」です。

 

効果という点でいえば、脱毛防止効果では「3年間の使用で薄毛の進行を止められたか」という調査で98%の人に効果があったという情報もあります。

 

さすが「薬」だけあって、圧倒的な効果(実績)ではあります。

 

ですが、薬にはもう一つの側面、副作用という反作用もやはり存在するのです。

 

フィナステリドの場合、副作用は割と少ない方の薬だと言われつつも、胃部不快感や下痢、頭痛、頻尿、性機能障害といった副作用が数%確認されたという報告もあります。

 

 

「効果がある」ということは「副作用もある」という可能性をしっかり把握した上で、プロペシア錠(フィナステリド)を利用する際は医師の指示に従いながら、用法・用量をしっかり守ることが大事ですね。


≪スポンサー リンク≫




スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて